藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。




































































腹痛と超音波検査

1.腹痛と急性腹症 
 腹痛は最も多い症状の一つで、中でも日常よく経験する急性胃腸炎は、食中毒等を除き薬が良く効く場合が多く、2-3日で軽快するのが普通です。
 これに対し、腹痛の中でも激痛で早急に手術を行うべきかどうかを決める必要のある病態を、急性腹症(きゅうせいふくしょう)と言います。急性腹症には胃腸科の専門以外の心臓・肺や婦人科・泌尿器科の病気なども含まれます。

2.急性腹症の痛みの部位と疾患
 痛みは必ずしも原因となる内臓の部位に出現するとは限らず(特に初期)、例外も存在しますが、腹部内臓の位置関係と頻度の高い疾患の痛みの部位を図示します。(各疾患毎の解説は病名をクリックすると出てきます。)
腹部内臓

1-2:胃潰瘍・十二指腸潰瘍穿孔
   急性胃粘膜病変
   胆石症
   急性膵炎
   虫垂炎初期
2:心筋梗塞、肺・胸膜疾患
3:胆石症
  右腎結石
4:左腎結石
5:子宮外妊娠
  付属器炎
6:急性虫垂炎
  右尿管結石
  右卵巣腫瘍茎捻転
7:左尿管結石
  左卵巣腫瘍茎捻転
腹部全体:腸閉塞
     腹部大動脈瘤
     急性腹膜炎

3.腹部超音波検査(お腹の聴診器)
 急性腹症の初期診断に威力を発揮するのが腹部超音波検査で、現在ではお腹の聴診器と呼ばれています。CTやMRIと比べると非常に安価で小さな器械ですが、腹痛だけでなく、肝臓などの内臓の小さなしこりを見つけたり、黄疸が起きたときに原因を瞬時に見分けたり、わずかな量の腹水を検出したり、超音波なしでは胃腸科は成り立ちません。
 以下に主な急性腹症のの超音波写真を示します。
超音波装置

急性胃粘膜病変:矢印の黒い所が厚くなった胃壁です。中央の白い所が胃内のガス像で、通常より狭くなっています。4型の進行がんも類似の所見になります(胃がんのページ参照)。
胆石症:左図の白色の所が結石で、狭い所にはまると炎症を起こし、右図のように胆のうの壁が厚くなります(右図では結石は見えません)。
急性膵炎:膵臓の中の管(膵管)が拡がり(白矢印)、膵臓がむくんでやや大きくなっています(黒矢印)。ただし、重症では腸閉塞になり膵臓は見えにくくなります。
尿路結石:左図矢印の白い所が結石です。結石が流れて尿管に詰まると、右図のように腎臓の中に尿が貯まり、激痛になります(矢印の黒い所)。
腸閉塞:通常はガスにさえぎられ、小腸はきれいに映りませんが、腸閉塞を起こすと小腸内に液体が充満し、ヒダ(矢印)まで映ります。
腹部大動脈瘤:腹部大動脈の輪切り写真に、矢印のように亀裂がみられ、破裂の危険の高い解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)と分かりました。

写真は全て院長の経験例です。