藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。






































































































































内視鏡のお話

内視鏡の歴史
1)当初の胃カメラは文字通り先端に小型のカメラが付いており、撮影時の胃内の光の位置をたよりに、盲目的に撮影していました。
2)その後、ガラス繊維の束を通して直接胃内を観察しながら撮影出来るようになりました(ファイバースコープ付き胃カメラ)。盲点がほとんどなくなり、撮られた写真の質も良く、飛躍的に診断能が向上しましたが、先端が硬く、やや太めで、なかなか飲み込めない人もいました。
3)次第に先端の小型カメラに代わり、接眼部にカメラを装着し観察している像を間接的に撮影する、ファイバースコープが主流になってきました。撮影された写真の質は胃カメラよりやや劣るものの、全体の細径化や柔軟性が向上し、飲み込みやすく、操作しやすくなりました。ファイバースコープになり、胃だけではなく食道、十二指腸、大腸の内視鏡検査も急速に発達しました。
4)そして、近年は電子内視鏡の時代になりました(次項参照)。
5)さらにスコープの細径化が進み、現在は胃(食道・十二指腸も同時観察)では経鼻内視鏡が普及してきました(次項参照)。大腸内視鏡の方でも、細径化や硬度可変式等の改良が進められております。
6)検査が難しかった小腸でも、ダブルバルーン内視鏡・シングルバルーン内視鏡が開発され全体の観察が可能になり、カプセル内視鏡も実用化されています。カプセル内視鏡は大腸にも応用され、CTの画像をCG処理するバーチャル内視鏡も開発されており、いずれはわれわれ内視鏡医のいらない時代が来るかも知れません。


盲目的胃カメラ


ファイバースコープ付き胃カメラ


カプセル内視鏡


バーチャル内視鏡

電子内視鏡
 先端には小型CCD(ビデオ撮影装置)が付いており、胃腸の中をテレビ画面に実況中継する形式になりました。内視鏡も細くなり、画像も明るく鮮明になりました。右は電子内視鏡の全装置で、一番上にモニター、その下に光源、CCD駆動装置、ビデオ信号処理装置、ビデオ撮影装置、フィルム撮影装置、カラープリンタ等が配置されています。モニターを複数個用意することで、患者さん自も自分の胃腸を医師と同時に鮮明に見ることが出来ます。

左はスコープの手元操作部から挿入部の全景です。
 右はスコープの先端で、直径は上部消化管のスタンダードなタイプで9mm程度で、180°以上屈曲する事が出来ます。胃内は普段は真っ暗な状態ですから、先端から強力な光(熱は生じません)を当てて、観察しています。
内視鏡が細くなることにより、鼻から挿入することも可能になってきました(経鼻内視鏡)。経鼻の利点は、舌の根本(舌根部)に当たらないため、安定剤を使用しなくてもほとんどゲップが出ないことです。ノドの反射が強く、今まで内視鏡が苦しかった人には朗報です(上は従来の内視鏡、下が経鼻内視鏡で径が5mmです。
右写真のように手元操作部にはボタンが3個付いており、一番上の小さなボタンは画像をフリーズするボタン、真ん中(赤丸)が余分な液を吸うボタン、一番下(青丸)は空気を入れたり先端を洗浄したりするボタンです。写真の歯車状のものは、先端を前後左右に曲げるノブです。一番上の角張った所に写真を撮影するスイッチが3個付いており、フィルム・ビデオ・プリンター撮影に振り分けています。これらは左手のみで操作し、右手はスコープの出し入れに専念し、先端のわずかな抵抗をも感じながら、繊細に操作します。
内視鏡の中には細い管状の穴が通っており、この穴を通して、種々の器具を挿入し、色々な処置を行うことが出来ます。右はスコープに器具を挿入したところで、通常は介助者がリング状の部分を把持し、操作します。

はポリープを電気で焼き切る器具(スネア)、は病変の性質を調べるために細胞を採る器具(鉗子:かんし)を先端から出したところです。

胃内視鏡検査の実際(院長自身の検査)
 院長が知り合いの医師を呼んで、当院の電子内視鏡で検査を受けている写真です。左は術者が画面を見ている所、右は内視鏡を飲んでいる院長が自分の胃の中を見ている所。(右写真中央部は内視鏡洗浄用の強酸性水産生装置。)


正常の胃内視鏡写真
 左から胃角部(胃中央部右側のくびれ)・幽門(ゆうもん)部(胃の出口周囲)・胃体部(胃中央から上部)・噴門(ふんもん)部(胃の入り口周囲)
正常の大腸内視鏡写真
 左は回盲部(盲腸と大腸・小腸の境目)、右は横行結腸(大腸の中央部)。

胃内視鏡検査の実際
 検査当日は絶食で、のどに麻酔の薬を含んでもらいます。従来の口からの内視鏡では、不安の強い人・吐き気の強い人に安定剤の注射も使っておりました。最近の経鼻内視鏡では鼻の痛み防止や出血予防に局所麻酔(スプレー)を厳重にする必要が有りますが、ゲップがほとんど出ないので、安定剤の注射はまず不要です。
大腸内視鏡検査の実際
 前日までは普通食で、当日朝に2000mlの洗腸液を飲み、固形便を全部排泄してから検査になります。苦痛は特別腸の長い人や癒着の強い人を除くと我慢できる程度で、原則として安定剤の注射も実施しています。細径の大腸内視鏡も開発され、以前より苦痛はかなり軽減されました。

内視鏡の装置・技術の進歩により、以前より検査は楽になりました。気軽に検査を受けましょう!!

(内視鏡検査の準備は医療機関により若干異なりますので、各医療機関にご確認下さい。)


写真の一部はオリンパス販売(株)のパンフレットより引用させていただきました。