藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。
























高血圧

高血圧とは?
 血圧とは動脈の壁にかかる血液の圧力のことです。心室が縮んで血液が流れ出たときが上の血圧(収縮期血圧)で、心室が広がり動脈の中の血の量が少ないときが下の血圧(拡張期血圧)です。血圧は心臓から送り出される血液量が増えたときや、動脈硬化で血管抵抗が増えると上昇します。

高血圧の基準値
 高血圧は140/90mmHg以上ですが、近年では正常は130/85mmHg未満と言われ、この間は正常高値血圧と呼ばれ、要注意です。血圧は一定ではなく、運動や興奮、温度変化等で変化し、一日の中でも早朝が一番高く、就寝中には低いのが普通です。また、医師や看護師の前でのみ血圧が高くなる人は白衣高血圧と呼ばれ、逆に医療機関では正常でも普段は血圧が高い場合もあり、仮面高血圧と言われるようなりました。このため、最近は医療機関受診時の血圧より、家庭血圧が重視されます。家庭血圧は白衣高血圧以外の人でも病院より低い人が多く、130/85mmHg未満が正常値です。


自己測定が大切

高血圧の原因と合併症
 原因は不明がほとんどです(本態性高血圧)。一部で腎臓病、ホルモンの異常、心臓病等が原因のこともあります(2次性高血圧)。
 最も有名な合併症は脳出血ですが、心臓・腎臓にも負担がかかり、心不全・腎不全も引き起こします。また、動脈硬化も促進し、脳梗塞・心筋梗塞の原因にもなります。



高血圧の予防と治療
 塩分制限、肥満の解消、ストレス解消、適度な運動、禁煙などで、特に塩分制限が重要です。
 生活習慣の改善でも血圧が下がらないときには、薬の内服が必要になります。高血圧ではほとんど症状がないため、治療する理由は合併症を予防するためです。体質の改善により薬が不要になることもありますが、自己判断による薬の中断は反射的に血圧を上げ、脳卒中の誘因になります。休薬は必ず医師に相談の上で行い、休薬後も時々測定することが大切です。
 現在の薬は安全性の高いものばかりですが、どの薬にも数%の割合で副作用があり、顔がほてる、動悸がする、脈が減る、空咳が続く、立ちくらみなどが代表的なものです。血圧には何種類も特徴の違う薬がありますので、体質に合わないと感じたときには遠慮なく医師に伝えることが大切です。



薬は忘れずに。