藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。
























脂質異常症

脂質異常症の診断基準
 LDL(悪玉)コレステロール140mg/dl以上、HDL(善玉)コレステロールは40mg/dl未満、中性脂肪150mg/dl以上のいずれか1項目があれば脂質異常症になります。

脂質異常症の危険因子と治療目標
 狭心症・心筋梗塞にかかったことのある人はLDLコレステロール100未満を目標に、脳梗塞にかかった人・糖尿病の人・下記の危険因子を3項目以上持つ人はLDLコレステロール120未満を目標にします。逆に危険因子が何もないときにはLDLコレステロール160未満で十分です。
        危険因子
 高血圧
 喫煙
 男45歳以上・女55歳以上
 HDLコレステロール<40mg/dl
 狭心症・心筋梗塞の家族歴

危険因子数  LDLコレステロール目標値
   0              <160
   1〜2          <140
   3〜4,       <120
 糖尿病・脳梗塞    <120        
 狭心症・心筋梗塞   <100

脂質異常症の治療
 脂質異常症(特にLDLコレステロール)を治療する理由は、全身の動脈硬化の進行を予防するためで、特に心臓を栄養する冠動脈(かんどうみゃく)の動脈硬化から起こる狭心症・心筋梗塞を予防することにあります。中性脂肪の上昇・HDLコレステロールの低下は「メタボリック・シンドローム」の診断基準に含まれ、肥満や他の生活習慣病と合併しやすい傾向があります。

 まず食事療法では、食べ過ぎ・間食を控え、肥満の解消が基本です。
 LDLコレステロールの高い人は、飽和脂肪酸を多く含む牛や豚の脂身、卵の黄身、バター、バターを多く含む洋菓子類、乳脂肪分等を減らします。中性脂肪の高い場合は、アルコールか甘いもののとりすぎに思い当たる人が多いはずです。
 運動療法は中性脂肪の高い場合やHDLコレステロール(善玉)が低い場合に有効で、一日30分以上歩く事が基本です。HDLコレステロールの低い人は喫煙にも注意です。
 
 上記の生活習慣の改善でも改善しない時に薬物療法になります。通常は1種類の薬(一日1〜2回)で十分なコントロールが出来ます。副作用の少ない薬ですが、腎臓の機能の悪い人では、注意して服用する必要があります。