藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。








































メタボリック・シンドローム


メタボリック・シンドロームとは?
 内臓肥満が根本にあり、一見軽い生活習慣病が重なり合う病態のことです。日本語に直訳すると「代謝症候群」となります。糖尿病や高脂血症等の病気を代謝性疾患と言いますので、代謝性疾患が重なる病態という意味でこう呼ばれるようになりました。別名「死の4重奏」(タバコも入れて「死の5重奏」)とも言われるように、個々は軽症でも重なり合うことで心筋梗塞や脳卒中等の重篤な疾患が起こりやすくなり、とても危険な病態です。

メタボリック・シンドロームの診断基準
 肥満に加え、中性脂肪の高値か善玉コレステロールの低値・正常高値血圧以上・糖尿病境界値以上のうち2項目以上がそろっている場合が「メタボリックシンドローム」になります。
内臓脂肪蓄積(必須)
 腹囲(立位でヘソの高さで測定)
   *男性:85cm以上
   *女性:90cm以上
 
  上記に加え以下の3項目中2項目
 1)高中性脂肪血症  150mg/dl以上
  かつ/または
  低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満
 2)収縮期血圧**   130mmHg以上
  かつ/または
  拡張期血圧**   85mmHg以上
 3)空腹時血糖**   110mg/dl以上


*男性に多い上半身肥満(りんご型)の方が女性に多い下半身肥満(洋ナシ型)より内臓肥満に関連するため、男女に5cmの差が有ります。
**LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の高値、明らかな高血圧、明らかな糖尿病は、それ一項目のみで十分な危険因子です。

メタボリック・シンドロームの成因
 これらは偶然の重なりではなく、内臓の脂肪蓄積が、他の異常の発生しやすい状態を作り出します。また、内臓の脂肪細胞自体からも血管を傷つける有害物質が分泌され、さらに動脈硬化を進めます。

メタボリック・シンドロームの症状
 ふだんは肥満以外には全く自覚症状は有りません(サイレント・キラー)。その間にも徐々に全身の動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞等の心臓血管病が働き盛りの年代のうちに発症する危険が増大します。



メタボリック・シンドロームの治療
 心臓血管病が進行する前に減量に努め、各項目の正常化に努める必要があります。
 食べ過ぎを控え腹8分目にし(早食いは禁物)、脂肪が少なく野菜の多い和食中心のメニューにして、間食やドリンク類(缶コーヒー・ジュース等)をやめます。アルコールは適量(日本酒1合かビール大ビン1本相当)まで減らす必要があります。血圧が高めの人は塩分制限も大切です。
 適度な運動(30分以上の歩行)を持続することも大切です。生活習慣の改善に努めても、どうしても正常化しないときにだけ、薬剤に頼るべきです。