藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。
























































































逆流性食道炎(胃食道逆流症)

1)逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは?
 逆流性食道炎は、胃の内容物(主に胃酸)が食道に逆流するために起こる食道の炎症です。食道は胃と異なり胃酸を防御する機構がないため、胃酸が逆流すると炎症が起きやすくなります。炎症が強いと潰瘍(かいよう)が生じて、出血や狭窄(きょうさく:せまくなること)の原因になります。欧米では以前から多い病気で、日本では少ないと言われていましたが、高齢化・食事の欧米化・肥満の増加・診断の進歩により、日本でも非常に多い病気であることが分かってきました。
 食道に炎症の無い場合でも、全く同じ症状を起こすこともあるため、最近では胃食道逆流症と呼ばれることも多くなりました。

2)食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアとは?
 逆流性食道炎ではほとんどが食道裂孔ヘルニアという状態になっています。食道裂孔とは横隔膜に空いた食道を通す穴で、胃と食道を固定し逆流を防止していますが、これがゆるむと胃の一部が胸部に持ち上がってきます。これが食道裂孔ヘルニアで、食道と胃のつなぎ目(接合部)のしまりが悪くなり、胃の内容が簡単に食道に戻りやすくなります。(ヘルニアとは医学用語で脱出の意味で、椎間板ヘルニアや脱腸=そけいヘルニアなどのように本来の場所から飛び出している状態を言います。)
 右図の1が食道で、2が食道と胃の接合部で本来はここが横隔膜の高さにあります。ここから食道側に炎症が出来やすくなります。3が胸部に持ち上がった胃です。4が横隔膜で胸部と腹部を分けています。
食道裂孔ヘルニア
正常の食道・胃接合部の内視鏡写真
 上図は食道側から見下ろした写真で、食道下端がしっかりしまっています。
 下図は胃内から反転して撮影したもので、内視鏡(黒い部分)と胃の入り口にすき間がありません。
正常内視鏡
正常内視鏡反転
食道裂孔ヘルニアの食道・胃接合部の内視鏡写真
 上図は食道側から見下ろした写真で、食道下端が開いたままです(矢印は全周性の食道炎上にできた潰瘍)。
 下図は胃内から反転して撮影したもので、内視鏡と食道裂孔の高さの胃(矢印)の間がすき間だらけです。矢印より奥が胸部に持ち上がった胃の部分(上図3)です。
ヘルニア内視鏡
ヘルニア内視鏡反転

3)逆流性食道炎の症状
 症状は主に胸やけで、特にかがんだ時や食べすぎた後あるいは就寝後に強くなるのが特徴です(これは重力の関係で胃酸が食道に戻りやすくなるためです)。また、げっぷやのどに酸っぱい水(胃酸)が上がってくることがあります。潰瘍がひどくなると、狭窄による食べ物のつかえ感・胸痛や持続出血による貧血まで出現してきます。

4)逆流性食道炎の診断
 診断は症状からほぼ見当がつきますが、食道がん等を否定するため内視鏡検査を行う必要があります。バリウムによるX線検査(食道造影)は軽症例の発見が困難です。内視鏡検査でもほとんど異常がないのに、胃酸の逆流による症状がおきている場合は、胃食道逆流症のgrade 0(grade N)あるいは非潰瘍性胃食道逆流症と呼ばれ、逆流性食道炎と同じ治療を行います。
逆食内視鏡1食道下端に縦長の発赤(矢印)が数条あります。この状態ではX線検査では診断できません。 逆食内視鏡2発赤は食道下端全周に及び、矢印の部位には小さな潰瘍も見られます。
逆食内視鏡3全周性の食道炎に横長の大きな潰瘍(矢印)も認めます。 逆食内視鏡4重症例)  全周が潰瘍で(写っている範囲が全部潰瘍)、食道下端の狭窄(矢印)が著明です。 

5)逆流性食道炎の予防逆食の絵肥満やお腹を強くしめることは、お腹に圧力がかかり食道裂孔ヘルニアの原因になります。腰痛でバンドをしている人も、動かないときにはゆるめるようにしましょう。胸やけの傾向のある人は、一度に食べ過ぎないこと、特に消化の悪いものや胃に残りやすいもの(油こいもの・いも類など)に気をつけることが大切です。食後すぐに横にならず、座って過ごすこと、寝たあとで症状の強くなる人は上体を高くして休むと良いことがあります。
 本症は生活習慣病の側面があり、いわゆるメタボ予防が大切です。また、農家の高齢女性にも多く、骨そしょう症で腰が曲がると食道裂孔ヘルニアが起きやすくなりますので、カルシウムの摂取等の骨そしょう症対策も必要です。

6)逆流性食道炎の治療
 胃・十二指腸潰瘍で用いる胃酸を抑える薬が有効です。患者さんの中には、酸抑制剤のうち効果の強いプロトンポンプ阻害剤(PPI)という薬以外は無効な人が多くいます。従来はPPIは医療保険では2カ月以内で中止しなければなりませんでしたが、現在は長期投与が可能となり、重症の患者さんにとっては朗報となりました。酸抑制剤の他に胃食道接合部の緊張や胃の運動を強め、逆流を抑える薬も併用することがあります。 胃・十二指腸潰瘍で有効なピロリ菌の除菌療法は、残念ながら逆流性食道炎にはあまり有効ではありません。
 治療が遅れ食道が狭窄してしまった場合には、内視鏡を使い風船をふくらまし広げたり、場合によっては手術が必要なこともあります。
 現在は上記のような良い薬がありますので、我慢しないで早く治療を開始することが大切です。

写真は全て当院のものです。