藤巻胃腸科内科クリニック
医院写真


 特別リンク
不慮の事故で急逝した青年医師の追悼集です。





























院長(藤巻英二)略歴・著書等

略歴: 昭和55年岩手医科大学医学部卒、昭和59年同大学院卒、
     昭和61年岩手医科大学第1内科助手、平成5年同講師、
     平成7年10月現在地に開業

資格・認定医等: 医学博士(論文:ストレス潰瘍における胃粘膜内粘液の変動)
            日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、
            日本消化器病学会専門医、
            日本内科学会認定内科医、
            日本医師会認定産業医

論文(筆頭論文のみ)
A.英語論文Cytometry
JGE1)
DNA ploidy heterogeneity in early and advanced gastric cancers.
Cytometry 26: 131-136 (1996)(早期・進行胃癌の核DNA量の多様性)
2) A case of Brunner's gland adenoma with a focus of p-53 positive
atypical glands. Journal of Gastroenterology 35:155-158 (2000) (p-53
陽性異型腺管群を伴ったブルンネル腺腫の1例)
B.日本語論文
日本消化器内視鏡学会雑誌掲載論文GEE
1) 急性出血性直腸潰瘍31例の検討 35巻: 2421-2425 (1993)
2) 内視鏡的に切除しえた回盲弁上リンパ管腫の1例 32巻: 929-935 (1990)
3) 膵管非癒合に合併した背側膵癌の1例 31巻: 2694-2703 (1989)
4) 内視鏡的ポリペクトミーで得られた早期大腸癌の臨床病理学的検討 30巻: 2230-
2236 (1988)
5) 先天性多発性嚢胞状肝内末梢胆管拡張症(いわゆるCaroli病)の1例 29巻: 2490-2498
(1987)
6) 下部消化管粘膜下腫瘍の内視鏡的検討 29巻: 1149-1156 (1987)
7)肝硬変による食道静脈瘤症例における上部消化管出血の内視鏡的検討 29巻: 275-281 (1987)
8) 大腸内視鏡で観察できた回腸リンパ管腫の1例 26巻: 1337-1343 (1984)
9)十二指腸脂肪腫の2例 26巻: 1731-1737 (1984)
学位論文
10)
ストレス潰瘍における胃粘膜内粘液の変動. 岩手医誌38巻: 307-317 (1986)
DNA関連論文
11)
胃癌の分化度別にみたDNA aneuploidy検出の臨床的意義. 消化器癌 5: 107-110 (1995)
12)早期胃癌におけるDNA ploidy heterogeneityの意義. 癌と化学療法 21 Suppl.I: 32-36
(1994)
13)フローサイトメトリーを用いた胃癌のDNA ploidy heterogeneityの検討. Cytometry
Research 2: 150-156 (1992)
・その他の論文
14)
血中CA19-9およびCEAの上昇を示し、X線像の遡及的検討が可能であった原発性回腸癌の1
例. 癌の臨床 38: 1519-1525 (1992)

単行本(分担執筆)
1)下部消化管腫瘍の内視鏡的粘膜切除における偶発症とその対策. 消化器内視鏡の偶発症: 医
薬ジャーナル社、大阪 (1996)
2) 膵疾患. プルミエ医学各論 V.肝・胆道・膵・脾疾患: 医歯薬出版、東京(1989)