Quick Time VR List
(バーチャルリアリティによる北上川紹介コーナー)

上下左右360°全方向回転&ズームイン・ズームアウトでその場にいるような感覚でお楽しみいただけます。
四十四田ダム (1) 四十四田ダム (2) 開運橋からみた北上川と岩手山
昭和43年、洪水防御と発電を目的に北上川本川に完成した。建設当時は上流の松尾鉱山の鉱毒水で川は褐色に濁り、ヒ素などの重金属で汚染され魚も棲めない「死の川」だったが、ダムの完成で貯水池内に沈殿、北上川の清流化にも貢献した。 貯水池のむこうには父なる山「岩手山」がそびえ、「南部片富士湖」と命名され、盛岡の桜のスポットとしても良く知られている。
最近、管理事務所が改築され、「北ちゃんものしり館」もリニューアルしている。
盛岡駅は北上川の玄関口。駅前の開運橋から眺める北上川のむこうには岩手山の勇姿が。花壇は昭和45年のいわて国体を期に地域の人々によって育まれてきた。花壇の場所は「新土手」と呼ばれ盛岡城築城の際に旧川を締め切って河道を付け替えた場所。歴史的にも興味深い。
画像は順次増やしていきますのでお楽しみに
脇谷分流堰と洗堰・閘門   test そば屋「おさだ」
新北上川と旧北上川の分流地点。昭和6年に北上川が切り替えられ、分流をコントロールする脇谷洗堰と船の往来を可能にする脇谷閘門が設置されている。平成21年この上流に脇谷分流堰が設置され、稼働を始めた。新たに設置された堰は洪水時に旧北上川への流れを完全に遮断し旧北上川の氾濫を防止する。周辺には公園が整備されつつある。   北上川流域には直接関係はない。VR画像初挑戦のTEST画像。宮城県大和町にある古民家の手打ちそば屋。店からは七ッ森の眺めが素晴らしい。

VR画像の操作方法

↑↓←→キー(またはマウスのドラッグ):上下左右に首振り
Shiftキー(またはマウスで+をクリック):ズームイン
Ctrlキー(またはマウスでーキーをクリック):ズームアウト

QuickTime DownLoad

VR(バーチャルリアリティ画像を表示するには、アップル社のQuickTime Playerのインストールが必要です。