北上川のアウトライン(概要)


 北上川は岩手県岩手郡御堂にある、「弓弭(ゆはず)の泉」を源流として、岩手県を南流して岩手・宮城の県境付近で狭窄部を通過して、宮城県の平野部に入る。宮城県津山町でその流れは二つに分流し北上川本川は追波湾へ、旧北上川は石巻湾に注ぐ。その延長は約250km、流域面積10,150平方キロメートルの東北第一の河川である。

河川名

流域面積(km2)

幹川流路延長(km)

利根川

16,840

322

石狩川

14,330

268

信濃川

11,900

367

北上川

10,150

249

 

 北上川は、父なる岩手山とともに古くから小説、詩歌などにもしばしば詠まれ、校歌や市町村民歌にいたっては数知れない。

 やはらかに柳あをめる 北上の

     岸邊目に見ゆ 泣けとごとくに

 石川啄木のあまりにも有名なうたであるが、宮沢賢治の作品にもこの川をモチーフにした作品が多い。岩手の文化はこの大河の流れによって育まれてきたといってよいだろう。

 経済面でもかつての北上川は経済流通の大動脈であった。藩政時代から石巻・盛岡間の舟運による物流とともに沿川が栄えてきた。農業生産の拠点が沿川に多いのもこの大河の恩恵にほかならない。

 また一方で、たびたび大洪水となり、時としては壊滅的な災害にも見舞われてきたが、昭和22年23年のカスリン・アイオン台風を契機として、5大ダムの建設や一関遊水地による治水事業も進展している。


北上川流域ランドサット画像